米国の対中貿易赤字、減らずに増える理由は?

领先28

2018-08-12

  130多平方米的“望海房”,屋里热水器、冰箱等家用电器一应俱全。说起船民搬迁上岸的生活,船家人喜笑颜开:“我们不仅告别‘水上漂’实现了岸上安居,而且还在家门口创业,日子一天天红火起来,真是赶上了好时候。”  连家船民由于世代在水上漂泊,除了捕鱼、讨小海外,别无他长,上岸的20岁至40岁的人口存在文化低、生活技能单一、养殖技术水平不高、脱贫致富难等问题。

  该行制定汛期安全生产应急预案,细化隐患排查、应急处置、支持保障等各环节工作,配齐抢险物资,配足抢险力量,并实行紧急重大事项第一时间报告制度。各部门、网点负责人及各岗位员工严禁在防汛期间外出请假、擅自离岗,务必保持通讯24小时畅通。开展汛期安全生产自查,消除汛期安全生产隐患。米国の対中貿易赤字、減らずに増える理由は?

  通过农产品质量安全监管追溯平台,还可以可视化地观察到绿色有机无公害脐橙的生长全过程。现代农业产业园管委会正在着手建立脐橙大数据平台,力争使全县9600多户脐橙种植户都实现数据共享,让广大果农通过手机就能了解脐橙种植的科技信息。在产业园核心区,信丰引进的龙头企业——农夫山泉股份有限公司,已经在生产销售各环节运用了脐橙大数据。在推行果园水肥药一体化应用上,用肥用药准时准量,实现机械智能操作;在果品加工上,利用大数据平台,可以智能分选出不同颜色、大小、酸甜以及各种口感口味的脐橙果品。

  隋时曾作行政区划调整,州的级别降与郡同,因而隋代的江西地区设有7郡24县。至唐时增加到8州37县,分别为洪州、饶州、虔州、吉州、江州、袁州、抚州和信州。

  战略是对重点性全局性长远性问题的认识和解决,是从根本上解决问题、实现目标的有效战斗方案。战略决定执行,战略决定成败。战略错误,会一步错步步错,会在温水煮青蛙中陷于不可自拔之境。战略正确,会事半功倍,凝心聚力,向着既定方向前进。进行具有许多新的历史特点的伟大斗争,不可避免会面临许多艰巨的挑战,是一个长期的历史过程。

 米国議会の超党派諮問機関である「米中経済安全保障審査委員会」は先ほど、「米中経済貿易速報」を発表した。 同速報によると、米国の対中貿易赤字は今年上半期も拡大を続け、前年同期比9%増の1857億ドルにのぼった。 米国政府の保護貿易主義が対中貿易赤字を解消するのではなくむしろ拡大したことは、対中貿易戦争を発動することで貿易赤字を解消できるという米国の嘘を証明している。  現状を見る限り、米国の貿易赤字が拡大していることには、主に2つの原因がある。

まずは米国経済の好転により、米国の輸入の需要が拡大している。

米国の第2四半期の経済データを見ると、経済成長率は年率換算で%で、2008年の金融危機以降の2%前後という平均水準を大幅に上回っている。

トランプ大統領が述べたように「米国経済は歴史的な転換を実現した」わけではなく、米国経済は2014年の第23四半期にも%、%という高度成長を記録していたが、それでも高い成長率と言える。

米国経済の好転により輸入の需要が拡大するのは客観的かつ必然的だ。 産業の分業と輸出入構造に変化がない中、米国の中国からの輸入量が拡大し、赤字がさらに拡大するだけだ。

 また貿易戦争により、米国の中国製品への駆け込み需要があった。

米国政府は中国製品に関税を課すと脅迫を続け、米国のメーカー及び消費者の生産と消費の予想が変わった。

これから輸入コストが膨らむことを想定し、米小売大手のウォルマートとネット通販大手のアマゾンが発注を繰り上げ、米国が関税を上乗せする前に中国からの輸入を拡大することで、エスカレートを続ける貿易戦争による損失を減らそうとしている。 通信機器は米国の対中赤字の最大の出処であり、米国側が貿易戦争で重点的に攻撃をしている業界でもある。 貿易戦争のエスカレートに伴い、米国の通信企業は政策リスクを回避するため、中国からの通信機器の輸入を急いでいる。

今年上半期の通信技術の赤字額は、前年同期比で約%増加した。 第2四半期だけでも、関連製品の貿易赤字は前年同期比%増の321億ドルに達した。

中国の輸出業者も、米国への出荷を急いでいる。

6月に米国の港湾に運ばれた中国の輸出貨物量は、予想を大幅に上回った。 米国の全港湾に集まった中国からのコンテナ数は、4月に前年同月比%増、5月に%増、6月に%増となった。  米国側は懲罰関税により対中貿易赤字を減らそうとしているが、今後数年に渡り中米貿易の不均衡は引き続き拡大する可能性がある。 その責任は中国側にない。 まず、米国の対中貿易赤字を拡大させた要素が、依然として残される。

米国経済は好転を続けるかもしれず、輸入の需要が拡大するのは客観的かつ必然的だ。 米国政府はすべての対外需要を抑制できず、国内の生産だけですべての需要を満たすことはできない。 次に、米国政府は貿易戦争により中国からの輸入を減らそうとしているが、米国の経済消費産業構造に根本的な変化が生じなければ、米国側の赤字政策(大規模な減税、国防費の拡大、今後の1兆ドル規模のインフラ計画)は貿易赤字をさらに拡大させるばかりだ。 対中赤字もこれに伴い増加する。  最後に特に指摘しておくが、中国は対米貿易黒字を意図的に求めてはいない。

米国側が過度に赤字問題にこだわれば、国内経済産業構造を調整する機会を逸するだけだ。 また米国政府が強制的な干渉により対中貿易赤字を減らしたとしても、これは市場の手段ではなく、国際分業及び比較優位性を人為的に乱すことから、いつまでも続くことはない(筆者余翔中国現代国際関係研究院米国研究所経済室主任)。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年8月10日やを加えれば、チャイナネットと交流することができます。